キュウリの簡単な育て方とは~プランターを活用するのが便利~

一緒に読みたい記事

植物

キュウリの育て方に関する情報をチェックしてみましょう

キュウリを育てるためには色々な知識が必要となります。キュウリを育てる時期や適している肥料、警戒しないといけない害虫などは事前に把握していると非常に便利ですよ。この記事ではキュウリを育てるにあたって知っておきたい情報が満載なのでチェックしていきましょう。

READ MORE

キュウリの育て方手順

苗を購入しよう

初心者の方には苗から育てる方法がおすすめです。苗は4月中旬から5月にかけて園芸店やホームセンターなどで売られています。また、ネット通販などでも購入することができます。自分の目で確かめて、良い苗を選びましょう。良い苗とは、茎が太く葉が大きいもの、葉の色が濃い緑色をしているもの、虫食いや病気のないものです。ヒョロヒョロしているものは向いていません。初心者の方には丈夫な接木苗がおすすめです。かぼちゃ台木に接いだ接木苗が丈夫でおすすめです。買うときは接木されている部分がしっかりとくっついているかどうかを確かめます。ポットの底を覗いてみて、根がしっかり張っているものが良いでしょう。

土に植えつけよう

日当たりと風通しのよい場所に植えましょう。植え付ける場所には、遅くとも1週間くらい前までには深さ20センチくらいまでよく耕し、たい肥や肥料を入れておきます。植え付ける場所の土地に穴を開けて苗を植え付けます。根鉢より少し大きめの穴を掘って根鉢を崩さないよう、丁寧に植え付けます。植え付けたら手でしっかりと株元の土を押さえておきます。株と株の間は40センチ空けて植えます。植え付けたら水をたっぷりあげます。最初の2週間くらいはまだ根付いていないので、土が乾かないよう注意します。

支柱やネットを立てる

20〜30センチに育ったら、支柱を立てます。苗を紐で固定しますが、きつすぎないよう、少し余裕をもたせて結んでおきましょう。実がなり出すとかなりの重みがかかりますし、台風など、風で倒れることもありますから、複数の支柱を組み合わせたり、ネットを張ったりして、しっかりと重みを支えられるようにしておきます。棚を作る方法もよいでしょう。実がなる頃にはどんどん蔓も伸びてきますので、適宜支柱に誘引します。

摘心と肥料で実を大きく育てよう

本葉が5,6枚になったら、わき芽かきをします。5節めまでの親づる以外に出る花やわき芽(横から出る芽)は全て取り除きます。もったいない気もしますが、こうして親づる1本に集中させることによって大きく育てることができます。下の方の子づるは思い切って全部取りましょう。親づるが大人の背丈ぐらいまで育ったら、今度は親づるの先を摘心すると、子づるがよく育ちます。最初の実がつき始めたら、株元2カ所に追肥をします。それ以降も、2週間おきに追肥をしましょう。成長期のキュウリは栄養をたくさん必要とします。窒素分の少ないぼかし肥料が向いています。最初の実はあまり大きくならないうちに、10センチくらいになったら収穫します。株を大きく育てるためです。それ以降の実も、20センチくらいになったら収穫します。キュウリの実はあっという間に大きくなるので、収穫が遅れると食べ頃を逃してしまったり、必要な栄養分が取られてしまったりします。

育てやすい!初心者向けの野菜

no.1

赤くてかわいいミニトマト

育てやすい野菜の代表格、ミニトマトはもともと荒地でも育つ性質があるので、多少放っておいても丈夫に育ってくれます。キュウリ同様、苗を購入し、支柱を立てて育てます。わき芽をとって株を大きく育てたら、2週間に1回くらい肥料を足しながら育てます。真っ赤な実が色づいたら収穫どきです。朝の涼しいうちに収穫して楽しみましょう。

no.2

シシトウ育て方はピーマンと同じ

シシトウはピーマンの一種ですが、ピーマンよりも小ぶりで身がつきやすく、たくさん収穫できます。育て方はどちらも同じです。丈夫な苗を購入したら、支柱を立てて育てます。枝が細くて折れやすいので気をつけます。花が咲いて2週間くらいで収穫できます。水や肥料のやりすぎは苗にストレスを与え、辛味成分が多くなってしまいます。適度な量を与えましょう。

no.3

あると便利な葉物リーフレタス

サニーレタスとも呼ばれています。成長が早く、小さなプランターでも育てられるので、ベランダで数株植えておけば必要な時にいつでも使えます。水はけの良い土に種または苗を植え付けて育てます。混み合ってきたら間引きします。間引きした葉も食べられます。収穫する時には必要な量だけ外側から摘み取っていきます。摘み取っても内側から次々と新しい葉が出てきて大きくなります。

キュウリについて知りたい!育て方などを把握していこう

園芸用品

キュウリの特徴とは

キュウリは、種まきから収穫まで約70日と成長がとても早く、1本のつるから30〜40本もの実を収穫することができるます。時期をずらして栽培すれば、初夏から秋まで収穫することも可能です。今、野菜として食べているキュウリは熟す前の果実の部分です。昔は熟した実になってから食用にしていましたが、味が薄いので今のように未熟な実を食べるようになったのです。キュウリの原産地はヒマラヤ産地です。日本には平安時代に伝わったとされています。

プランターでも栽培可能

キュウリは根の部分が比較的浅いので、畑や庭がなくても、プランターでも育てることができます。株は幅30センチ、根の深さ15センチくらいに成長するので大きめのプランターを使いましょう。2株以上育てる場合は株間を40センチ空けます。植え方、育て方は路地植えと同じです。市販の培養土を使うと簡単に育てられます。鉢底石を敷いて、土を入れ、苗を植え付けましょう。支柱はあんどん仕立てやネットを使ってカーテンにしてもいいでしょう。フェンスなどに絡ませる方法もあります。

[PR]キュウリの育て方が知りたい
工夫や方法が記載されている

広告募集中